溶接

金属同士を溶かして、接合することを溶接と呼びます。高温の溶接機器の中で、金属を液体化する融点まで達することによって溶かし、冷めて固体化することで金属同士を接合するという仕組みです。このページでは溶接加工の工程に関し、設備導入によって問題解決へと導いた事例を紹介するので参考にしてください。

溶接の省力化・自動化事例1

業種

 

食品加工

検討した要因

製缶業を営んでいる会社のため、多種多様な機械の筐体の金属フレームを製造しています。ワークの形状変化によって、位置ずれが生じやすいためロボットによる自動化は難しいと考えていました。

実現へのハードル

ワークの一つ一つの形状が異なり、全工程が全て人的作業を行っています。同じ製品であってもワークによる個体差のある製品の場合は、産業用ロボットの導入が難しいと考えられました。

解決できた理由

ロボットを導入したことによって、これまで以上に精度がアップし、完成品の品質も格段に向上する結果となりました。さらに現場のスタッフの成長にもつながり、現場のスタッフがより活躍できる人材へと育っています。

溶接の省力化・自動化事例2

業種

不明

検討した要因

5本ずつの部材をセットし、溶接ロボットにて溶接をする作業において、スラグがボルトのネジ部分に飛び散ってしまう問題がありました。そのため溶接後にダイスでネジ部分についたスラグを削り落とす工程が必要となる状況。このダイスを用いたスラグ除去の工程を自動化ができないか検討したいと思っていました。

実現へのハードル

全てを自動化するのではなく、アナログ部分も残したいという現場の声もありました。円滑に自動化を図るためには、現場の声を聞くことも重要となります。

解決できた理由

自動化に伴い、必要となる手動となる部分もこだわって開発を実施。限られたスペースだからこそ、手動の部分を残すことで設備導入もスムーズになっています。

溶接の省力化・自動化事例3

業種

不明

検討した要因

複数の組立・検査装置のシステムが独立しているため、工程待ちの状況が発生していました。さらに一人の作業員が複数のシステムを管理していることで、効率化が図れない、という問題も。

実現へのハードル

公式HPに詳細がありませんでした。

解決できた理由

各種工程を統合・最適化したことで、生産性が30%も改善につながっています。また人員削減が図れるといったメリットもあるでしょう。

省力化・自動化できる生産工程をチェック

溶接の納入実績を持つ会社

北斗

日本以外にも海外拠点を展開

北斗は1972年に「北斗技研」として名古屋市に設立し、ハイテクメカトロライン・ロボットライン・自動車専用機ラインの設計や製作を開始しています。1980年に「北斗株式会社」と社名変更を実施。会社の規模を徐々に広げ、今では日本のみならず海外にも拠点を構えるまでに成長しています。日本では本社工場やダニ2工場などを愛知県の小牧市に置き、海外拠点として中国・アメリカ・マレーシアに設置。より幅広く活躍する企業を支えるだけでなく、様々な要望にも応えられる体制が整っているでしょう。

IoTやAIなどを活用したテクノロジーの導入もサポート

北斗では世界中からの情報を集約し、企業にとっての最適なノウハウを提案してくれます。ただ平面上だけでプランニングするのではなく、3D設計やシミュレーションを活用した分かりやすさも魅力的。エンジニア業務を見える化し生産性・稼働率・メンテナンス性など全ての問題のバーチャル検証を行い、実際の生産ラインを製作しています。その結果、高品質・短納期・コストダウン・高付加価値へとつながるでしょう。また、これまで培ってきた技術力を活かし、IoTやAIなどのテクノロジーの導入や、地球規模での問題となる環境問題へのアプローチにも積極的に携わっています。

北斗の会社情報

社名 北斗株式会社
住所 愛知県小牧市郷西町155番地
電話番号 0568-78-5555
溶接加工機の導入実績数 要問合せ

北斗についてもっと見る

大佐技研

自動車分野での豊富な実績あり

大佐技研は特に自動車分野に豊富な実績があり、溶接・搬送・組立の工程や自動車部品の製作においての経験もしっかりある会社です。自動車の生産ラインの自動化・省力化・効率化など、モノづくりの環境をしっかりとサポートしています。自動化ラインを構築する準備段階では基本計画からサポートを行っており、これまでのノウハウ・技術などを活かした提案を実施。さらに3D CADシステムなども活かした自動化機械の装置を提供しています。

2011年創業の会社

大佐技研は2011年に創業しており、比較的新しい会社と言えるでしょう。しかし新しいから経験がないというわけではありません。新しいからこその柔軟な発想力で、より面白いアイデアを提案。企業の「もっとこうしたい」という要望を親身にヒアリングし、問題解決のための構想を検討してくれます。

大佐技研の会社情報

社名 株式会社大佐技研
住所 三重県桑名市長島町福吉575-1
電話番号 0594-73-5700
溶接加工機の導入実績数 要問合せ

大佐技研についてもっと見る

榎本工業

幅広い分野の自動化・省略化をサポート

榎本工業は明治時代から続く会社で、これまでに様々な分野の自動化・省略化を担ってきた実績を誇っています。自動車や半導体の業界だけでなく、電機や医薬品、産業機械、食品など、あらゆる業界の専用機を納入することが可能です。もちろん顧客のニーズや使用目的などに応じて、自動化・省力化をきめ細かく調整してくれるでしょう。また多種多様なアプリケーションにも対応しているため、1社ごとの独自の加工・工程にも対応した特殊な加工の設備構築にも対応可能です。

社内での一貫対応を実施

榎本工業の強みとも言えるのが、開発から機械設計、電機設計、加工、調達、組み立てまで全てを自社で一貫して対応ができる点でしょう。企業にとっては開発した企業に組み立てまで任せられるのは、よりスムーズなやり取りが行えるため業務負担軽減につながるなどのメリットがあります。また要望や予算、生産性など複合的に判断した最適な専用機器の提案を行ってくれるので、より要望通りの自動化・省力化を図りやすくなるでしょう。さらに機械設計と制御設計のエンジニアも在籍しており、高いチームワークによって生産性アップにつながる設備構築を提案してくれます。

榎本工業の会社情報

社名 榎本工業株式会社
住所 静岡県浜松市北区細江町中川7000-27
電話番号 053-523-2311
溶接加工機の導入実績数 1件

榎本工業についてもっと見る

「生産ライン 設計」と検索した際に表示される企業33社(2021年8月23日調査時点)から、品質管理の国際規格であるISO9001を取得しており、公式サイトに納入実績・取引先企業の記載がある4社を、それぞれ公式サイトで納入実績の記載があった業界向けのおすすめ会社として紹介しています。

機械・電機・電子など
幅広い業界に納入実績あり
榎本工業株式会社
主な納⼊先
  • NTN東海理化デンソーデンソーワイパシステムズデンソーワイズテック浜松ホトニクスヤマハ

など

創業:1901

ISO9001取得:1997年

参照元:榎本工業公式サイト(https://www.enomoto-net.co.jp/company/quality_assurance)

  • 創業100年以上、設備機械メーカーとしても50年以上の実績(2021年10月時点)
  • 既存設備のカスタマイズ・特殊機器のテストなど多彩な対応力
  • メール・オンラインでの相談OK
自動車組み立て設備の実績豊富
新明工業株式会社
主な納⼊先
  • トヨタ自動車トヨタ車体日野自動車ダイハツ工業マツダSUBARUジェータックス

など

創業:1949

ISO9001取得:2001年

参照元:新明工業公式サイト(https://www.shinmei.co.jp/corporate/history.html)

  • 70年以上(2021年10月時点)続くトヨタとの協力体制
  • 自社でも特殊車両や試作車両の製作・開発を行なう
  • 国内5工場・海外4カ国に拠点あり
食品生産・加工ラインを施工
株式会社トーワテクノ
主な納⼊先
  • 江崎グリコ賀茂鶴酒造アサヒグループ食品井村屋ハウス食品山崎製パン森永乳業

など

創業:1953

ISO9001取得:2000年

参照元:トーワテクノ公式サイト(https://www.towatechno.co.jp/company/ayumi.html)

  • 食品の包装・充填機器を始め、梱包機も手掛けている
  • 製品ごとの出荷前検査で品質管理を徹底
  • 製作機械の電気使用量削減にも挑戦
国内外自動車メーカーへの
納品多数
株式会社KEC
主な納⼊先
  • ゼネラルモーターズ(米国)マルチ・スズキ(インド)SUBARU葵機械工業アストラ・ダイハツ・モーターいすゞ自動車エイチワン星宇ハイテック(韓国)

など

創業:1981

ISO9001取得:2011年

参照元:KEC公式サイト(http://kec-corp.jp/profile/profile/)

  • ボディ溶接ラインの設計・製造が得意
  • フルターンキー対応可能
  • 様々なサイズ・スペックの機械を製造